スピルリナの効能や効果が凄かった!ミドリムシ(ユーグレナ)の違いについて

皆さんはスピルリナはご存知でしょうか?海外のセレブリティの間ではすでにおなじみのスーパーフードでご存知の方も多いと思います

今回はそんなスピルリナと効能や効果、ユーグレナの違いについて調べてみました。

気になる方は最後までよろしくお願い致します

そもそもスーパーフードとは?

1980年代頃のアメリカやカナダで、食事療法を研究する医師や専門家の間で、有効成分を突出して多く含む食品に対して「スーパーフード」と言う名前が使われ始めたそうです。栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品
また、一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ食材をスーパーフードと名付けられています。

ちなみに日本でのスーパーフードジャパニーズスーパーフードと言われています。日本の健康の由来に寄与してきたと評価されている食品で納豆や、玄米、抹茶や、昆布、梅干しなど・・

スーパーフードの定義は

一般的な食品より栄養価が高い食品健康食品としての用途を併せ持つ事です。スーパーフード10と言うのは聞いたことがあるでしょうか?

スーパーフード10とは

スピルリナ
マカ
麻の実(ヘンプ)
クコの実(ゴジベリー)
カカオ
チアシード
ココナッツ
アサイー
カムカム
ブロッコリースーパースプラウト

これらがスーパーフード10といわれています

その中でもスピルリナはスーパーフードの王様

スピルリナは約30億年前に誕生したユーグレナと同じ「藻の仲間」

それだけで、人間が生きていけるのでは?と言われるほどのビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維など50種以上の栄養・健康成分を含み、巷ではスーパーフードと呼ばれています。スピルリナの大きさは0.3~0.5mmほどでビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維など50種以上の栄養・健康成分を含みます

18種類のアミノ酸の中にはヒトが体内で作り出せない“必須アミノ酸”9種類すべてが入っている点が注目されています。

消化吸収率95%で高く、成分利用されやすいので現在では癌に効く効果もあるらしく医療だけではなく、NASAが宇宙で研究されている食品なんだとか!

ミドリムシ(ユーグレナ)とは?

5億年以上前に誕生したミドリムシ(学名:ユーグレナ)は植物と動物両方の性質を持った微細藻類です。昆虫とはまったく異なりワカメやコンブの仲間。ミドリムシって言われていますが虫ではないんです

植物のように光合成を行い栄養分を体内に溜め、動物のように細胞を変形させて動く動物と植物の中間の生物なんだとか!

ミドリムシと一言で言っても、世界中で100種類以上存在しており、保有している栄養素や大きさなど種類によって異なるそうです。特に食品として研究が進められているのがミドリムシのちからでも使われている「ユーグレナグラシリス」という品種でなんと59種類の栄養素が入っています

中でも注目されるのが、ドリムシにだけ存在する「パラミロン」という成分です。

「パラミロン」は吸油性と吸水性に優れています。また、食物繊維のように消化されにくい特性を持っていますので中性脂肪やコレステロールを吸収し、体外に 排出するβ1.3-グルカンが凝縮された塊で、脂肪を蓄積させない成分が入っています。他の検証報告例ではコレステロール低減作用、感染症予防効果、糖尿病改善作用、抗酸化作用や、皮膚組織習元作用までと、かなり効果のある成分になります

スピルリナとミドリムシ(ユーグレナ)まとめ

如何でしたでしょうか?

成分はほぼ同じで似たようで似ていないミドリムシとスピルリナですが、2つとも特有の成分がある

と言うことが分かりました。

皆さんもスーパーフードを摂ってみませんか?

Murisu(ムリス)サプリのダイエット効果は?口コミや評判は?楽天で購入できる?

2018.11.14

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *