プエラリア・ミリフィカは副作用が危険!若い女性に危害が多発!

プエラリア・ミリフィカ配合のサプリメント。

「バストアップ」「豊胸効果に」などと用いられる成分で言葉くらいは聞いたことがある人も多いと思います。

ただ、健康被害や副作用が最近注目されているので、詳しく調べてみました。プエラリア・ミリフィカに興味のある方は是非ご覧になってみてください。

プエラリア・ミリフィカとは?

プエラリア・ミリフィカはタイ原産のマメ科の植物で、根に女性ホルモンと同じ働きをする成分を含んでいます。

大豆などに含まれるイソフラボン類も女性ホルモンと同じ作用があるが、プエラリア・ミリフィカに含まれる成分の作用は、なんとイソフラボン類より1千~1万倍強い、という報告もあります。

プエラリア・ミリフィカはさらに強力なミロエステロールやデオキシミロエステロールが含まれていてエストロゲンを活性化し、バストアップに役立つとあちこちのサイトでも書いていますが、15年度以降にプエラリア配合のサプリが流行ったためか、健康被害が多発しています。

産経ニュースより
過去5年(2012年4月~今年4月末日)に寄せられた209件のうち200件近くが15年度以降に集中しているのだ。

年代別に見ると20代が69件と最多で、若い女性で目立つ。40代(42件)△30代(41件)△10代(37件)…と続く。被害の内容は、嘔吐(おうと)や腹痛、下痢などの消化器障害が76件で最多。次いで皮膚障害(59件)△月経不順・不正出血(33件)-の順だ。

プエラリア・ミリフィカの副作用例

  • 大量の不正出血が起こり、病院を受診したところ子宮内膜が厚くなっていると言われた。
  • 生理が2ヶ月遅れている
  • 生理が止まってしまいサプリメントの服用をやめたら体調は回復した。
  • バストに発疹が出てきた。医者の治療を受けたが、ホルモンが増え乳腺症が起きているので飲用を止めるよう指示された。

副作用の原因はホルモンバランスの乱れ

プエラリアの副作用の原因は、女性ホルモンのバランスが乱れていることが考えられます。

女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つに分けられ、定期的なリズムで分泌量を変えて交互に働きかけています。

この一定のリズムこそが女性ホルモンのバランスとなるのです。

エストロゲンへ強く作用するプエラリアを服用することで、エストロゲンの分泌リズムが変わり、一定のサイクルが崩れている状態にあるのです。

プエラリア・ミリフィカの海外の規制状況

【アメリカ】十分な安全性データはないものの、直ちに危険とはされていない

【EU】新規食品として未承認であるため販売不可

【韓国】女性ホルモン様作用を持つとの理由から食品への使用が禁止

【香港】注意喚起

【タイ】1日の摂取量がプエラリア・ミリフィカ末として100mg を超えないこと

プエラリア・ミリフィカはやはり「危険」

プエラリア・ミリフィカはやっぱり飲まないほうがいいのか?ということを検証してみました。

ツイッターだけでもかなりの人が副作用があることが確認できたので、

ニュースで言われているよりもかなりの人数の人に副作用があったと思われます。

バストアップのためとはいえ、わざわざ危険性のあるプエラリアは飲むことはしない方がいいと私は思います。

プエラリア不使用!おすすめのバストアップサプリは?

バストアップサプリの中では、プエラリア配合のサプリがメジャーとなっていましたが、バストアップ成分はそれだけではありません。

特に今注目されているバストアップ成分となるのが「エクオール」です。

エクオールとは、食べ物から摂取したイソフラボンが体内にある腸内菌で変換されることで作られる物質です。

女性ホルモンの分泌を促す作用を持つため、バストアップのために必要な体内物質とも言えます。

しかし、全ての人がエクオールを作れるわけではありません。

日本人女性の2人に1人は、エクオールを作るために必要な腸内菌を持っていない「エクオールを作れない人」だと言われています。

そんな体内で作ることができないエクオールを効率よく摂取できるのが、サプリメントです。これまでエクオール不足でバストが大きくならなかった…なんて人にも効果が期待できるかもしれません!

エクオール配合!女性ホルモンのリズムに着目して作られた「LUNAハーバルサプリメントプレミアム」

クオール配合のバストアップサプリとしておすすめするのは「LUNAハーバルサプリメントプレミアム」です。
もちろんプエラリア不使用なので、プエラリアによる副作用の心配は一切ありません。

LUNAハーバルサプリメントプレミアムの最大の特徴となるのは、2つのサプリを飲み分けるというところ。

エストロゲンが優位となる時期は、エクオールでバストアップへとアプローチして、プロゲステロンが優位となる時期にはバストのハリや弾力をUPさせる美容成分でアプローチすることができるのです。

女性ホルモンのバランスを意識することで、副作用のリスクがなく、効果的に働きかけることができるのですね。

エクオールの他、高羅人参やツバメの巣など、希少価値の高い美容成分が含まれているというのも女性にとっては嬉しいポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *